検索
  • 角田真住

アーティストコラボスカーフ第一弾

【アートで命と愛を伝えるスカーフ】 KAHOU




今回のスカーフでは「女性性」をテーマにした4枚の作品を合わせています
女性の神秘性と強さを象徴する、月と太陽=MoonとFlare。
家庭を、社会を、地球を照らす光でありたい、という意味のShine。
そして、なんといっても大切な愛、Heart。その人のあるがまま幸せで、happyであること。

前橋市を中心に画家として活動する中林可寶さん。

生命や愛をテーマにした作品を多く作られており、国内外にファンの多い方です。


2018年2月に桐生市ITOYA coffee factoryでの個展では、髪を失った女性へのライブペイティングイベントも行いました。


頭から首、そして肩、背中にかけて、一枚の皮膚で繋がるなめらかな曲線。

髪を失った女性だからこその美しさです。


イベントでは4名の女性(脱毛症3名、抜毛症1名)へボディペインティングを行いました。

身体の美しさに、さらに可寶さんの流れるような作品が描かれ、

私たちだからこそ表現できるものでした。


会場では彼女たちの美しさに、涙を流される方もいらっしゃるほど。

多くの女性に勇気と愛を伝えたイベントになりました。


そんな髪を失った女性とのイベントも開催してくださった中林可寶さん。

女性の内側から溢れる喜びや輝きを感じられる作品だからこそ、

髪を失った女性に力と喜びを感じてもらえるはずだと考え、今回スカーフの依頼をしました。


作っていただいたスカーフは、4作品を組み合わせたもの。

Moon、Flare、Shine、Heart

「その人のあるがままで幸せ。Happyであること」を表現するスカーフです。






制作について、対談中。



中林可寶さんHP▶︎https://www.kahouart.com/




6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示